--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/26

へそてん

最近、手が近づくと…お腹を出してくれます


…カメラを怖がるので、なかなか上手に撮れませんが…



201008262309001.jpg
 △ 女の子だからアップは控えてくださいーー



*コメントを下さった方へ*

また、この子を気に留めて下さった方へ
ありがとうございます。
貴方様の居住する都市部でも沢山の子が新しい家族を探しています。
是非、お近くで、良いご縁との巡り合いをお祈り致します。
申し訳ありません。
スポンサーサイト
どる | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/21

ヌイグルミで遊ぶ


 いくつかオモチャを与えたら、この小さいヌイグルミがお気に入りの様子。。


201008221449000.jpg

… … …カメラなれ?していないようで、逃げる


201008221503000.jpg

ちなみに…フローリングに滑りながら それに驚きながら 歩いてます

吠えたりはしないものの、最近は慣れてきて、甘え鳴き?をします。

口を「あいーん」を開けて、ぉぅー ぉぅー と言う感じです。

他、家に居るワンコはシニア犬なので遊んでもらえませんが、優しいワンコがいるとなれるのが早いようすです。

遠慮がちなのが見えるので、可愛いです。


どるちゃん、里親募集中。
どる | Comments(1) | Trackback(0)
2010/08/20

初めての電車

今日は、病院に行くためバリケンだと重さを感じるのでスリングで出かけました。

ホームでの撮影

201008201130000.jpg
人がいっぱいで怖いですー

でも、帰り道は少し余裕?で周りを見てた気がします。



途中、デニーズの外席が犬OKとの事でお茶しました。

すぐ横は駅… 結構うるさいです。

初めはびくびくして周りを見てました。  

仕方無く?付き添ってましたが、後半は周りお見る余裕が出てきた気がします。

外での散歩も  誰もいないような静かな所 なら、きょろきょろしながらどうにか歩いてくれます。

人混みの有る道だと(自転車とか歩行者の多い道)、まだ怖いようです。


201008201130001.jpg

帰り道は少し慣れましたーー


どる | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/18

最近の様子

夕方の7時。    まだまだ暑いです。


本当に毎日毎夜暑い…



この建物の正面は、片道3車線の合計6車線… 
(他のワンちゃんは普通に歩いてますが、どるちゃんは怖くて歩けません)


人の少ない静かな道なら、少し歩けるようになってます。
(特に人がいない道は!  でも暗闇で猫が通る草木の音に、本人ビックリ…!)


この日、歩く練習をして回りの景色に おろおろ どきどき 興味しんしんー
(興味はあるけど…怖い??)




お水をあげましたが、外のせいか飲まないのでソフトクリームをあげました(本当は犬には宜しくない…けど)

差し出しても食べないので… …お鼻に ペチャー

201008171919000.jpg
△  
美味しい物だって、気がついたみたいです。

今まで食べた事 無かったんでしょうね…


201008171920002.jpg


201008171920001.jpg
△ 美味しい~



吠え声はまだ聞いた事が有りませんが、最近ゴハンの支度をしていると待ち遠しいのか? 「あぅ~ おぅ~」
と、要求吠えをする事があります。


優しいお母さん・お父さんが出来るといいね、



どる | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/10

募集開始

201008102056000.jpg

過日、無事医療処置が済みました。


経過は順調ですので募集開始します。


推定5歳前後 ♀  体重4㌔   フィラリア(-)  心雑音無し

【実施医療処置】
・不妊手術  ワクチン  歯科処置  臍ヘルニア除去  狼爪2本除去  マイクロチップin済み

【性格】
・家庭犬として暮らした形跡が、ほとんど見られません。
・強く出る犬以外は、他犬にはわりと無関心のようです。
・知らない犬には、引いてしまいます。
・知らない人は、様子を伺うようにしています。
 (慣れると、甘えを見せてきます)
・気の弱い性格のようです。

【日常生活】
・トイレシートの認識は、少し出来てきました。(現在トレーニング中です)
・外の散歩で排泄は出来るようになりました。
・今まで散歩の経験が無かったのか、ようやく歩けるようになりました。(無理の無い範囲でトレーニング中です)
・食事の飢餓感からか、急いで食べます。
・抱っこにまだ慣れていません。
・オヤツで[待て]をトレーニング中です。
・抜け毛は少ないタイプです。



見るもの・触るもの全て初めてのようですが、これから家庭犬として頑張る どるちゃん です!








201008102059000_20100810222115.jpg





どる | Comments(1) | Trackback(0)
2010/08/08

ペット遺棄を煽るような報道

『誰も知らないために,不正確な情報が氾濫し,医療現場やペット,その周囲に混乱が拡大する懸念(例:捨てイヌ・ネコの増加)がある』


限られた時間内の、削られた中途半端な記事

大衆の興味や関心をあおりたてるプログラム

視聴率を狙い広告料アップを狙う記事・放送

死亡例は少なく、具体的予防法、治療方法を明記せず、広報する内容の事実を削減する

こんな無責任な放送がされる度に、無知な飼主・獣医により遺棄されるペット達


カプノサイトファーガ感染症カプノサイトファーガ感染症

過去のこれらの放送にて、飼主持込処分のペットが一部出ているのをメディアは関知しない

たけしの本当は怖い家庭の医学   8月10日(火) 朝日放送  午後8時~


人間も沢山の大腸菌・クラミジア菌等を保有しているのです

正しく病気を理解して、ペットと共生してほしいものです

カプノサイトファーガ感染症
獣医師広報版



-------------------------------------------
-------------------------------------------
▲     ▲     ▲
フリーの転載記事となります

pasTEM_low.gif

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/07

夜の散歩

やっと外の環境に固まらず歩けるようになりました。


なぜか泥棒みたいに コソコソー コソコソー って感じですけど。。


昼間だと、人や自転車に怖がってしまいます…

CIMG3168_convert_20100807014030[1]
>>続きを読む
どる | Comments(0) | Trackback(0)
2010/08/02

モニター室から二酸化炭素ガス注入ボタン時の犬たち


http://hoppojournal.kitaguni.tv/e1695815.html


「北方ジャーナル」公式ブログで7月22日付けの記事になります。


--------------------------------
「札幌市動物管理センターの殺処分動画を公開」

市民に捨てられたペットが、いかに悲劇的な末路を迎えているのか。

発売中の本誌8月号では、札幌市動物管理センターを中心に犬猫たちの殺処分の現状をレポート、カラーグラビア

ページでは処分後の死体の写真を掲載した。

これまで同センターは、報道機関への収容動物(処分前)の撮影は認めてきた。

しかし、二酸化炭素ガス注入による殺処分現場の撮影は「市民感情を考慮して」という理由で拒み続けてきたという。

しかし、その一方で「身勝手な理由で飼育を放棄する市民に、意識を変えて欲しい」という切なる願いも抱き続け

てきたのだ。


実態を直視することなく解決への道はないと判断した私は、幾度となく殺処分の撮影許可を要請した。

そして、直接の撮影行為は認められないながらも、職員の研修用として過去に録画した映像を譲り受けることがで

きたため、静止画として掲載した次第である。

だが、これは立法機関を含め、動物に対する意識レベルが低い「日本」という国全体の問題なのだが、北海道限定

の雑誌メディアでは発信力にも限界がある。何よりも、これは「映像」として目に焼き付けなければならないもの

だ。

同センターにはその意義を理解して頂き、ネットへの動画公開の許可に至った。



今回、「札幌市」の名が同時に出る前提で公開を許可した同センター所長の英断に敬意を表したい。


そして、動物を飼っている(飼おうとしている)多くの人々に、決して安楽死ではない現実を知って頂きたい。


--------------------------------
--------------------------------
  ▲     ▲     ▲
ペット里親会の転送記事となります。
--------------------------------



我々が最初に千葉県のセンターで見学をさせて頂いたとき。

公開している理由は、飼主持込があとをたたないから…




当日、処分対象になる犬猫が多ければ、その亡骸も沢山の数だった

ガス室を出た亡骸は、ベルトコンベアからあふれ、通路という通路にも沢山置かれていた

すぐ右手はモニター室

土佐犬も数頭いた  

犬の顔がいやでも視界に入る


顔が歪んでしまっている子

舌が伸びてしまった子

嘔吐物・涎・汚物がたくさん出ていた子

その亡骸に触れてみると、まだ温かかった…




数年前の、秋空のさわやかな午前11時の出来事

こんな出来事は忘れてはいけない

D6.jpg


img0a3b6e29is2muo.jpg


imgca030616is2ukg.jpg




















未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。